10月22日(土)小田原アリーナにて皇后杯・関東ブロックラウンドが行われました。

10月22日(土)小田原アリーナにて皇后杯・関東ブロックラウンドが行われました。当日の注目は何と言っても公式戦では珍しい親子対決ではなかったかと思われます。それは我らが下北沢成徳高校バレーボール部黒後愛選手と、宇都宮大学バレーボール部黒後洋監督の試合です。人気の面で父上監督には申し訳有りませんが、次代を担う女子バレー界のトップを行く愛選手の比ではなく、応援席も然りでした。
 試合は、25:18と30:28のストレートで成徳が勝利しましたが、宇大の黒後監督は非常にやりづらかったと感じました。(愛選手が強烈なスパイクを打った時の苦笑い、多くの人が見ていたと思います)
 成徳は次の日本女子体育大学との試合で残念ながら(セット2対1)敗れました。
 次は11月19日の、春高4強戦です。来年1月の全日本高校選手権大会への最終予選が行われます、墨田区総合体育館へ時間を作って応援に来てください。宜しくお願い致します。